WAKABAYASHI Lab.

若 林 研 究 室 業 績 一 覧

2017年度2016年度
2015年度2014年度2013年度
2012年度2011年度2010年度
2009年度2008年度2007年度
(神戸大学大学院海事科学研究科)
2006年度2005年度2004年度
2003年度2002年度2001年度
(神戸大学海事科学部/神戸商船大学)

1997年度1996年度1995年度 (静岡大学工学部システム工学科)
1994年度1993年度1992年度 (電気通信大学大学院情報システム学研究科)
1991年度1990年度1989年度 (大阪大学大学院工学研究科通信工学専攻博士後期)
1988年度以前

著書

著書2 ) 神戸大学海上輸送の三原則編集委員会編, 海上輸送の三原則, 海文堂,共著・第1部4章2節「船体運動・航海情報のデータ収集システム」66-93頁,ISBN 978-4-303-16410-2, 2013.7

著書1 ) 若林 伸和, 舶用電気・情報基礎論−航海計測・機関計測の基礎知識−, 成山堂書店,単著・276頁,ISBN 978-4-425-43171-7, 2011.4 → 正誤表はこちら

論文 )=原著論文, 国際 )=国際会議プロシーディングス, 地域 )=地域限定雑誌, 発表 )=口頭発表等, その他 )=その他. ※ 分類は査読の有無とは異なります.

2017年度

国際 ) Development of Simple Dynamic Positioning System - Algorithm and User Interface -, Nobukazu Wakabayashi, Takayuki Watanabe, Misako Urakami, Daisuke Terada, The 27rd International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE 2017, (San Francisco, USA), 2017-06(Accepted)

国際 ) Development of Track Control System utilizing Heading Control System for Ocean Observation Sailing, Takayuki Watanabe, Nobukazu Wakabayashi, Misako Urakami, Daisuke Terada, The 27rd International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE 2017, (San Francisco, USA), 2017-06(Accepted)

国際 ) Development of A Utility Tool for Small Craft Processing Recorded Class B AIS Data, Misako URAKAMI, Hisaya MOTOGI, Tomohiro SUNADA, Takayuki WATANABE, Nobukazu WAKABAYASHI, The 27rd International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE 2017, (San Francisco, USA), 2017-06(Accepted)

2016年度

論文 ) Class B AISの普及を目指したAIS記録データ処理ツールの開発−小型船舶の運航管理への適用−, 浦上 美佐子,岩見 将平,砂田 智裕,若林 伸和, 日本航海学会論文集第135号, 122-128, 2016-12

2015年度

論文 ) 沿岸から離れた海域における波浪特性と船舶運航への活用に関する基礎的研究, 笹 健児,陳 辰,塩谷 茂明,若林 伸和,寺田 大介, 土木学会論文集B3(海洋開発),71巻 2号 ,185-190, 2015-09

論文 ) Evaluation of Ship Performance in International Maritime Transportation using an Onboard Observation System?In Case of a Bulk Carrier for International Voyages?, SASA Kenji, TERADA Daisuke, SHIOTANI Shigeaki, WAKABAYASHI Nobukazu, IKEBUCHI Takuro, et.al., Ocean Engineering, 104 , 294-309, 2015-08

国際 ) Risk Evaluation Model for Management of Navigation Safety in an Entire Ship Route Area, S. Hwang, E. Kobayashi, N. Wakabayashi, N. Im, Safety of Navigation, Activities in Navigation - Marine Navigation and Safety of Sea Transportation, The Nautical Institute, 2015-06

国際 ) Risk of Navigation for Marine Traffic in the Malacca Strait using AIS, Muhammad Badrus Zamana, Eiichi Kobayashi, Nobukazu Wakabayashi, Adi Maimun, Procedia Earth and Planetary Science, 14, The 2nd International Seminar on Ocean and Coastal Engineering, Environment and Natural Disaster Management 2014, Edited by Suntoyo and Daniel M Rosyid, 33-44, 2015

国際 ) Development of Risk Based Collision (RBC) Model for Tanker Ship Using AIS Data in the Malacca StraitsOriginal Research Article, Muhammad Badrus Zaman, Eiichi Kobayashi, Nobukazu Wakabayashi, Adi Maimun, Procedia Earth and Planetary Science, 14, The 2nd International Seminar on Ocean and Coastal Engineering, Environment and Natural Disaster Management 2014, Edited by Suntoyo and Daniel M Rosyid, 128-135, 2015

2014年度

論文 ) Formal Safety Assessment (FSA) for Analysis of Ship Collision Using AIS Data, M.B. Zaman, A. Santoso, Ei-ichi Kobayashi, Nobukazu Wakabayashi, A. Maimun, The international Journal on Marine Navigation and Safety of Sea Transportation 9, 1, 67-72, 2015-03

論文 ) Probability of Ship on Collision Courses Based on the New PAW Using MMG Model and AIS Data I.P.S. Asmara, Ei-ichi Kobayashi, Nobukazu Wakabayashi, K.B. Artana, The International Journal on Marine Navigation and Safety of Sea Transportation 9, 1, 43-50, 2015-03

論文 ) Estimation Method for Dragged Anchor Accident Frequency on Subsea Pipelines in Busy Port Areas, Mulyadi Yeyes,Kobayashi Eiichi,Wakabayashi Nobukazu, 日本船舶海洋工学会論文集 (20), 173-183, 2014-12

国際 ) The Development of Meteorological and Oceanographic Data Collection and Recording System Operating on Training Ship, Michio Fujii,Mitsuru Hayashi,Misako Urakami,Nobukazu Wakabayashi, ASME 2014 33rd international Conference on Ocean,Offshore and Arctic Engineering (San Francisco,USA), OMAE2014-23883, 2014-06

国際 ) Simulation-Based Estimation of Collision Risk During Ship Maneuvering in Two-Lane Canal by Using MMG Model and AIS Data, I Putu Sindhu Asmara,Eiichi Kobayashi,Ketut Buda Artana,Agoes A. Masroeri,Nobukazu Wakabayashi, ASME 2014 33rd international Conference on Ocean,Offshore and Arctic Engineering (San Francisco,USA), OMAE2014-23768, 2014-06

国際 ) The Study of Simple Navigation System for Small Craft using Class B AIS, Michio Fujii,Misako Urakami,Kazuo Yamashita,Nobukazu Wakabayashi, Proceedings of OCEANS 2014 IEEE/MTS Conference & Exhibition (Taipei), 131129-003, 2014-04

2013年度

論文 ) Fuzzy FMEA Model for Risk Evaluation of Ship Collisions in the Malacca Strait Based on AIS Data, Eiichi Kobayashi,Muhammad Badrus Zaman,Nobukazu Wakabayashi,Sahbi Khanfir,Trika Pitana,Adi Maimun, Journal of Simulation Vol 8,1, 91-104, 2014-01

論文 ) AIS自船局記録データの航海支援への利用可能性, 浦上 美佐子,若林 伸和,本木 久也, 日本航海学会論文集第129号, 51-57, 2013-12

国際 ) Mitigation of Maritime Navigational Aids for Subsea Pipeline in Busy Port Area using AIS data, Eiichi Kobayashi,Yeyes Mulyadi,Nobukazu Wakabayashi,Trika Pitana,Wahyudi, 5th International Maritime Conference on Design for Safety, -, 2013-11

発表 ) The Two-Lane Canal Design of Madura Strait by Using MMG Model and AIS data, Asmara I Putu Sindhu,Kobayashi Eiichi,Wakabayashi Nobukazu, 日本船舶海洋工学会講演会論文集 (17), 179-182, 2013-11

発表 ) Developing Risk Based Inspection for Subsea Pipeline in the Madura Strait using AIS data, Mulyadi Yeyes,Kobayashi Eiichi,Wakabayashi Nobukazu, 日本船舶海洋工学会講演会論文集 (17), 183-186, 2013-11

論文 ) データ分析から見た船舶運航における波浪予報の現状と課題について, 笹 健児,塩谷 茂明,寺田 大介,若林 伸和,大澤 輝夫, 土木学会論文集B3(海洋開発)69, 2, 2013-11

その他 ) 国際海上輸送のための海上風大規模予測システムとECMWF-IFS/船舶気象データの比較, 種本 純,大澤 輝夫,嶋田 陽一,高橋 桂子,若林 伸和,塩谷 茂明, 日本航海学会誌 NAVIGATION (186), 45-50, 2013-10-20

国際 ) Measurement of Sea-Shocks Response of a Sailing Ship in Japan, Shigeaki Shiotani, Kenji Sasa, Nobukazu Wakabayashi, Daisuke Terada, The 23rd International Offshore and Polar Engineering Conference, ISOPE 2013, 53-(Anchorage, USA), 2013-07

国際 ) Current Situation and Difficulty of Wave Forecast from Viewpoint of Ship Management, SASA Kenji,TERADA Daisuke,SHIOTANI Shigeaki,WAKABAYASHI Nobukazu,OHSAWA Teruo, Proceedings of the 32nd International Conference on Ocean,Offshore and Arctic Engineering,OMAE2013, 1-8, 2013-06

国際 ) Port Traffic Safety Analysis in Madura Strait by Using Mathematical Maneuvering Group (MMG) Model and Automatic Identification System (AIS) Data, Eiichi Kobayashi,I Putu Sindhu Asmara,Nobukazu Wakabayashi,Ketut Buda Artana,A.A.B. Dinariyana,Trika Pitana, 5th International Maritime Conference on Design for Safety, 2013-06

発表 ) Trial maneuvers based collision avoidance between anchorage areas using mathematical maneuvering group (MMG) model and automatic identification system (AIS) data, I Putu Sindhu Asmara,Eiichi Kobayashi,Nobukazu Wakabayashi,Ketut Buda Artana,A.A.B. Dinariyana,Trika Pitana, 日本船舶海洋工学会講演会論文集,第16号, 47-50, 2013-05

2012年度

論文 ) 地理情報システムを用いた海賊事件分析, 渡川 真規,古莊 雅生,若林 伸和,小林 英一, 日本航海学会論文集 = The journal of Japan Institute of Navigation 128(0), 55-63, 2013-03-19

論文 ) 実海域における荒天航海時の貨物船の運動性能について:−オンボードデータによる運動および波浪特性の分析・推定−, 笹 健児,寺田 大介,塩谷 茂明,若林 伸和,池淵 卓郎, 日本船舶海洋工学会論文集 18(0), 167-175, 2013-03-06

論文 ) Evaluating safety at sea by comparing numerical accuracies of ship motions, SASA Kenji,TERADA Daisuke,SHIOTANI Shigeaki,Wakabayashi Nobukazu, Journal of maritime researches 3(1), 63-84, 2013-03

論文 ) 衛星画像を用いた船舶の動態解析, 渡川 真規,小林 英一,若林 伸和, 日本船舶海洋工学会論文集 = Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers (16), 165-171, 2012-12-01

論文 ) Implementation of Automatic Identification System (AIS) for Evaluation of Marine Traffic Safety in Strait of Malacca using Analytic Hierarchy Process (AHP), MuhammadBadrusZaman,Kobayashi Eiichi,Wakabayashi Nobukazu,PITANA Trika,MAIMUN Adi, 日本船舶海洋工学会論文集 = Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers (16), 141-153, 2012-12-01

国際 ) On Time Series Analysis Concerning the Ship Acceleration Caused by Seaquake, TERADA Daisuke,WAKABAYASHI Nobukazu,SASA Kenji,MATSUDA Akihiko, Proceedings of Asia Navigational Conference 2012, 177-185, 2012-11

発表 ) Estimate of Subsea Gas Pipeline Accident Consequence in the Madura Strait Using AIS Data, Mulyadi Yeyes,Kobayashi Eiichi,Wakabayashi Nobukazu, 日本船舶海洋工学会講演会論文集 (15), 291-294, 2012-11

発表 ) 衛星搭載合成開口レーダとAISデータの時刻同期による海上監視, 渡川 真規,若林 伸和,小林 英一, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)15号,2012A-GS22-3, 443-446, 2012-11

発表 ) Establishment of Ship Collision Avoidance in the Malacca Straits based on AIS data, ZAMAN Muhammad Badrus,KOBAYASHI Eiichi,KHANFIR Sahbi,WAKABAYASHI Nobukazu, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)15号,2012A-GS13-1, -, 2012-11

発表 ) On the development of an evaluation method of the navigation safety index, HWANG SooJin,KOBAYASHI Eiichi,KHANFIR Sahbi,WAKABAYASHI Nobukazu, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)15号, 2012A-GS12-2, 2012-11

発表 ) Uncertainty Analysis for the Estimation of Ship Maneuverability in Tanjung Perak Port Area using MMG Model and AIS Data, ASMARA I Putu Sindhu,KOBAYASHI Eiichi,KHANFIR Sahbi,WAKABAYASHI Nobukazu, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)15号, 2012A-GS11-6, 2012-11

発表 ) Estimate of Subsea Gas Pipeline Accident Consequence in the Madura Strait Using AIS Data, MULYADI Yeyes,KOBAYASHI Eiichi,WAKABAYASHI Nobukazu,KHANFIR Sahbi, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)15号, 2012A-GS11-5, 2012-11

発表 ) 海震による船体運動データの時系列解析, 寺田 大介,若林 伸和,笹 健児,松田 秋彦, 統計関連学会連合大会講演報告集2012, 193, 2012-09

論文 ) Class B AIS の小型船舶への普及に関する検討, 山下 和雄,若林 伸和,渡邊 貴幸, 日本航海学会論文集第127号, 133-140, 2012-09

論文 ) 荒天航海時の船体運動と海上輸送の安全・効率性の関係について, 笹 健児,寺田 大介,塩谷 茂明,若林 伸和, 日本航海学会論文集第127号, 79-87, 2012-09

国際 ) Monitoring of Vessel Traffic using AIS Data and ALOS Satellite Image, Masanori Watagawa,Ei-ichi Kobayashi,Nobukazu Wakabayashi,Adi Maimun ABD Mali,Tomohiro Hayakawa, Proceedings of OCEANS 2012 IEEE YEOSU Conference & Exhibition, -, 2012-05

発表 ) 船体運動と気象海象データから見た国際航海の運航評価に関する基礎的研究, 笹 健児,寺田 大介,塩谷 茂明,若林 伸和,小林 英一,牧野 秀成,嶋田 陽一,内田 誠,種本 純, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)14号, 2012S-OS5-4, 2012-05

発表 ) 災害時医療支援船の実現に向けた一考察, 若林 伸和,小田 啓二, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)14号,2012S-OS3-10, 81-84, 2012-05

発表 ) Safety Measure and Cost Benefit Assessment for Ship Collision in the Malacca Straits Using AIS Data, ZAMAN Muhammad Badrus,KOBAYASHI Eiichi,KHANFIR Sahbi,MAIMUN Adi,WAKABAYASHI Nobukazu, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)14号, 2012S-OS2-7, 2012-05

発表 ) On the Development of an Evaluation Method of the Navigation Safety Index航海安全係数の開発及び評価法について, HWANG SooJin,KOBAYASHI Eiichi,KHANFIR Sahbi,WAKABAYASHI Nobukazu,IKEGAMI Yusuke, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)14号, 2012S-OS2-6, 2012-05

発表 ) 衛星画像とAISデータ時刻同期を用いた海上監視 ―マラッカ・シンガポール海峡での検証―, 渡川 真規,小林 英一,若林 伸和, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)14号,2012S-G3-9, 299-302, 2012-05

発表 ) 非線形計画法による最短時間操船の変針問題への応用(続報)-実船への適用-, 杉田 浩士,長谷川 和彦,若林 伸和, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)14号,2012S-G3-7, 291-294, 2012-05

2011年度

その他 ) 船体運動から見た外航貨物船の安全性評価に関する実船データ分析(<特集>輸送の三原則), 笹 健児,寺田 大介,塩谷 茂明,小林 英一,若林 伸和,牧野 秀成,嶋田 陽一,内田 誠, Navigation : 日本航海学会誌 (180), 42-47, 2012-03-30

発表 ) 国際海上輸送の安全性・効率性から見た貨物船の運航性能に関する研究, 笹 健児,寺田 大介,塩谷 茂明,小林 英一,若林 伸和,牧野 秀成,嶋田 陽一,内田 誠, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)13号, 2011K-OS-5, 2011-11

発表 ) 津波による船体運動の時系列解析, 寺田 大介,笹 健児,若林 伸和,小林 英一,塩谷 茂明, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)13号,2011W-G1-14, 41-44, 2011-11

国際 ) Estimation of Pipeline Accident Probability Caused by Ship Sinking Using AIS, Yeyes Mulyadi,Eiichi Kobayashi, Nobukazu Wakabayashi,Muhammad Badruz Zaman,Trika Pitana,Trika Wahyudi, Proceedings of the International Symposium on Marine Engineering(ISME), -, 2011-10

国際 ) Fault-Tree Analysis Model of Tanker Accidents for Formal Safety Assessment(FSA) in the Malacca Straits Based on AIS Data, Muhammad Badrus Zaman,Eiichi Kobayashi,Nobukazu Wakabayashi,Adi Maimun,Trika Pitana, Proceedings of the International Symposium on Marine Engineering(ISME), -, 2011-10

国際 ) Ship Collision Probability For Formal Safety Assessment (FSA) Based on AIS Data in the MALACCA Straits, Muhammad Badrus ZAMAN,Eiichi KOBAYASHI,Nobukazu WAKABAYASHI,Adi MAIMUN, Proceedings of Asia Navigation Conference 2011, -, 2011-09

論文 ) 津波警報発令時における湾内の船舶の避航・避泊行動に関する調査研究, 牧野 秀成,若林 伸和,矢野 吉治,塩谷 茂明, 日本航海学会論文集第125号, 191-197, 2011-09-25

論文 ) 荒天時の船体運動と貨物損傷の関係について, 笹 健児,寺田 大介,若林 伸和,塩谷 茂明, 日本航海学会論文集第125号, 199-207, 2011-09-25

論文 ) 沖合波浪およびAISデータを用いたフェリー海難の事故分析に関する研究, 笹 健児,若林 伸和,小林 英一,寺田 大介,塩谷 茂明, 土木学会論文集 B3(海洋開発)特集号 Vol.67 No.2, I_832-I_837, 2011-07

国際 ) Study on Presentation of Navigational Information for Support of Safety of a Ship by GIS, S. Shiotani,S. Ryu,H. Makino,N. Wakabayashi,Y. Shimada, OCEANS 2011 IEEE (Spain), 1-6, 2011-06

発表 )  波浪およびAISデータから見た荒天時におけるフェリー海難に関する一考察, 笹 健児,若林 伸和,小林 英一,寺田 大介,塩谷 茂明, 日本船舶海洋工学会講演会論文集第12号, 379-382, 2011-05

発表 ) Implementation of Automatic Identification System (AIS) For Collision Avoidance in the Malacca Straits Using Fuzzy Logic Method, ZAMAN Muhammad Badrus,KOBAYASHI Eiichi,WAKABAYASHI Nobukazu,MAIMUN Adi,MAKINO Hidenari, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)12号,2011S-G5-5, 375-378, 2011-05

発表 ) Usage of AIS to Estimate Dragged Anchor Probability on Subsea Pipeline, MULYADI Yeyes,KOBAYASHI Eiichi,WAKABAYASHI Nobukazu,ZAMAN Muhammad Badrus,PITANA Trika, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)12号,2011S-G5-4, 371-374, 2011-05

2010年度

論文 ) AISデータを用いた簡易ナビゲーションシステムの設計, 若林 伸和,水井 真治,塩谷 茂明,牧野 秀成, 日本航海学会論文集第124号, 79-86, 2011-03-25

論文 ) AIS記録データを他船データに利用するレーダARPAシミュレータソフトウェアの開発, 若林 伸和,牧野 秀成,伊藤 仁和子,塩谷 茂明, 日本航海学会論文集第124号, 87-93, 2011-03-25

発表 ) AIS記録データを利用したレーダARPAシミュレータソフトウェアの現実感に関する考察, 若林 伸和,伊藤 仁和子,牧野 秀成,塩谷 茂明, 電気学会研究会資料. IIS,次世代産業システム研究会 = The papers of Technical Meeting on Innovative Industrial System,IEEE Japan 2011(21), 39-43, 2011-03-18

その他 ) 大規模AISデータを用いた統計分析(<特集>輸送の三原則を統合した国際海上輸送創出の研究), 小葉 武史,若林 伸和, Navigation : 日本航海学会誌 (175), 92-96, 2010-12-10

その他 ) 3次元アニメーション表示を用いた船舶の安全運航のための視覚的評価システムの構築に関する研究(<特集>輸送の三原則を統合した国際海上輸送創出の研究), 牧野 秀成,小林 英一,塩谷 茂明,若林 伸和, Navigation : 日本航海学会誌 (175), 57-61, 2010-12-10

国際 ) Development of Radar ARPA Simulator Software Reproducing an Actual Sea Area Situation, Nobukazu Wakabayashi,Hidenari Makino,Shigeaki Shiotani, THE FIRST GLOBAL CONFERENCE ON INNOVATION IN MARINE TECHNOLOGY AND THE FUTURE OF MARITIME TRANSPORTATION (Istanbul,Turkey), 401-409, 2010-11

発表 ) Development of Safety Evaluation Method in Ship Navigation, HWANG SooJin,KOBAYASHI Eiichi,MAKINO Hidenari,WAKABAYASHI Nobukazu, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)11号,2010K-G3-2 -, 2010-11

発表 ) Implementation of Analytic Hierarchy Process (AHP) Method and Geographic Information System for Assessment of Risk Area in the Malacca Straits, ZAMAN Muhammad Badrus,KOBAYASHI Eiichi,WAKABAYASHI Nobukazu,MAIMUN Adi, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM)11号,2010K-G3-1 -, 2010-11

発表 ) 阪神港一開港化に関する実証分析と提言, 韓 成一,小葉 武史,若林 伸和, 日本船舶海洋工学会講演会論文集 (10), 351-354, 2010-06
論文 ) AISデータを用いた船舶沖待ち行動の分析 ー阪神港入港船舶を対象としてー, 小葉 武史,韓 成一,若林 伸和, 日本船舶海洋工学会論文集第11巻, 165-171, 2010-06-01

国際 ) Development Of Radar Simulator Software Using AIS Data For Ship Data, Nobukazu Wakabayashi,Hidenari Makino,Kenji Mori,Shigeaki Shiotani, Proc. OCEANS'10 IEEE (100129-025) (Sydney,Australia), CD-ROM, 2010-05

国際 ) Basic Study On Construction Of Visual Evaluation System For Safety Ship Navigation, Hidenari Makino,Eiichi Kobayashi,Nobukazu Wakabayashi,Shigeaki Shiotani, Proc. OCEANS'10 IEEE (100129-024) (Sydney,Australia), CD-ROM, 2010-05

国際 ) Estimation Of Exhaust Emissions Of Marine Traffic Using Automatic Identification System Data (Case Study: Madura Strait Area,Indonesia), Trika Pitana,Eiichi Kobayashi,Nobukazu Wakabayashi, Proc. OCEANS'10 IEEE (100125-006) (Sydney,Australia), CD-ROM, 2010-05

2009年度

特許 ) 錨泊監視システム, 発明者:矢野 吉治,若林 伸和, 第4423364号, -, 2009-12 登録

発表 ) AISデータを用いた船舶沖まち行動の分析 ー阪神港入港船舶を対象として (オーガナイズドセッション(OS1) 輸送の三原則を統合した国際海上輸送システム創出の研究), 小葉 武史,韓 成一,若林 伸和, 日本船舶海洋工学会関西支部平成21年秋期講演会論文集第9K号, 23-26, 2009-11

発表 ) AISデータを船舶データに利用するレーダARPAシミュレータソフトウェアの開発, 牧野 秀成,若林 伸和,塩谷 茂明,森 賢治, 日本航海学会第121回講演会予稿集,-14, -, 2009-10

2008年度

国際 ) Guidelines and considerations for ship evacuation from a tsunami attack, Eiichi Kobayashi,Shunichi Koshimura,Shouta Yoneda,Nobukazu Wakabayashi, Proceedings of the 9th Annual General Assembly International Association of Maritime Universities, 385-398, 2008-10

論文 ) ナビゲーションシステムにおけるターゲット情報の提示方法に関する提案, 若林 伸和,原田 寿里,小林 英一,庄司 るり, 日本航海学会論文集第119号, 75-82, 2008-09

論文 ) An Efficient Data Structure for Querying XML Document in Maritime Field, Chia-Hung SHIH,Nobukazu Wakabayashi,Saburo Yamamura,and Juri Harada, 日本航海学会論文集第119号, 83-89, 2008-09

2007年度

発表 ) 津波襲来時のLNG船の避難ガイドラインの検討, 小林 英一,若林 伸和,越村 俊一,米田 翔太, 第20回海洋工学シンポジウム,日本海洋工学会・日本船舶海洋工学会 -, 2008-03

論文 ) 実船における船底汚損の推定, 矢野 吉治,若林 伸和, 日本航海学会論文集第118号, 135-143, 2008-03-25

論文 ) A Distributed Data Model for Port Administration and Onboard Information and Service Management, Chia-Hung SHIH,Nobukazu Wakabayashi,and Saburo Yamamura, 日本航海学会論文集第118号, 65-72, 2008-03-25

その他 ) ユビキタス環境下の状態系列及びユーザモデルの構築とその船内情報管理への応用(<特集>Asia Navigation Conference), 石 佳弘,若林 伸和,山村 三郎, Navigation : 日本航海学会誌 (167), 16, 2007-12-25

国際 ) Construction of Context and User Models under Ubiquitous Envirionment and its Application for Onboard Information Management, Chia-Hung SHIH,Nobukazu Wakabayashi,and Saburo Yamamura, Asia Navigation Conference 2007 (Tokyo,Japan), 260-268, 2007-11

論文 ) ナビゲーションシステムにおける機能・操作性と情報提示方法の検討に関する研究, 若林 伸和,原田 寿里,石 佳弘,村井 康二, 日本航海学会論文集第117号, 49-58, 2007-09-25

論文 ) AISを用いた大阪湾海上交通流データベースシステムの開発, 若林 伸和,塩谷 茂明,小林 英一,庄司 るり, 日本航海学会論文集第117号, 19-26, 2007-09-25

その他・解説[依頼原稿]) 電子海図システム概説, 若林 伸和, 日本マリンエンジニアリング学会誌 Marine Engineering,Vol.42,No.5, 811-819, 2007-09-01

2006年度

論文 ) 単錨泊中のCPP船の振れ回り抑止について, 矢野 吉治,若林 伸和, 日本航海学会論文集第116号, 145-151, 2007-03

論文 ) 潮流シミュレーションを用いた航海への潮流の影響の調査について, 夏 海波,塩谷 茂明,万田 敦昌,小林 英一,若林 伸和, 日本航海学会論文集第116号, 61-67, 2007-03-25

論文 ) Estimation of Ship's Course for Sailing on Route by Navigation Simulation in Coastal Water, Haibo XIA,Shigeaki SHIOTANI,Eiichi KOBAYASHI,and Nobukazu WAKABAYASHI, 日本航海学会論文集第115号, 51-57, 2006-09-25

その他・紹介記事[依頼原稿]) 海を走る研究室 ―ハイテク練習船「深江丸」の研究活動―, 若林 伸和,三輪 誠,矢野 吉治, 海技研ニュース「船と海のサイエンス」2006 Spring, 8-10, 2006-04

2005年度

論文 ) 無線LANによる船内LAN構築と船内監視システム, 三輪 誠,若林 伸和,矢野 吉治, 日本航海学会論文集第114号, 243-250, 2006-03-25

論文 ) 実船における走錨時の挙動と走錨検知, 矢野 吉治,若林 伸和, 日本航海学会論文集第114号, 119-125, 2006-03-25

論文 ) 航路部品を用いた予定航路作成における探索手順の効率化, 石 佳弘,若林 伸和,田村 洋平, 日本航海学会論文集第114号, 73-80, 2006-03-25

発表 ) 初期導入教育用タンカー荷役シミュレータ(2次元モデル)の開発, 若林 伸和,松本 拓磨,松下 幸比古,津島 孝雄, 日本航海学会第113回講演会予稿集,-9 -, 2005-10

論文 ) 実小型船を用いた風圧力による横流れの計測実験とシミュレーションについて, 夏 海波,塩谷 茂明,小林 英一,若林 伸和, 日本航海学会論文集第113号, 171-177, 2005-09-25

その他 ) 台風避航のための錨泊中の経験, 塩谷 茂明,若林 伸和,矢野 吉治, 海の気象,Vol. 50,No. 3, 1-11, 2005-04-22

2004年度

論文 ) リアルタイム気象海象データを考慮した沿岸海域航行船舶のウエザー・ルーチングに関する研究−船舶操縦性能を考慮した船位決定の基礎的シミュレーションと実船実験−, 夏 海波,塩谷 茂明,小林 英一,若林 伸和, 関西造船協会論文集第243号, 159-166, 2005-03-25

論文 ) 練習船深江丸における錨泊状態の分析, 若林 伸和,矢野 吉治,川端 利依, 日本航海学会論文集第112号, 323-329, 2005-03-25

論文 ) 部品化した航路に基づく予定航路作成支援システム, 若林 伸和,藤井 迪生, 日本航海学会論文集第112号, 101-108, 2005-03-25

その他 ) 船橋内無線LANを用いた航行データ転送表示システムとその航海支援システムへの応用(<特集>IAIN2003), 若林 伸和,矢野 吉治,塩谷 茂明,村井 康二, 日本航海学会誌 NAVIGATION,Vol.160, 42-46, 2004-06-25

その他 ) 心拍変動によるブリッジチームマネジメント評価に関する基礎研究(<特集>IAIN2003), 村井 康二,林 祐司,塩谷 茂明,若林 伸和,河口 信義, 日本航海学会誌 NAVIGATION,Vol.160, 18-20, 2004-06-25

2003年度

その他・解説 ) インターネット概説(<特集>海上におけるインターネットの利用), 若林 伸和, 日本航海学会誌 NAVIGATION,Vol.158, 3-9, 2003-12-25

国際17 ) Sailing Data Transfer and Display System Using Wireless LAN in the Bridge and its Application to Navigation Support System, N. Wakabayashi,Y. Yano,S. Shiotani,and K. Murai, 11th IAIN (International Association of Institutes of Navigation) World Congress (Berlin,Germany) CD-ROM, 2003-10

国際 ) Basic Study on Evaluation of BTM Effects with Heart Rate Variability, K. Murai,Y. Hayashi,S. Shiotani,and N. Wakabayashi, 11th IAIN (International Association of Institutes of Navigation) World Congress (Berlin,Germany), CD-ROM, 2003-10

その他 ) インマルサットFleet77を用いた航行データ船陸間リアルタイム転送実験, 若林 伸和,矢野 吉治,田村 進司,矮松 一磨, 日本航海学会誌 NAVIGATION,Vol.157, 63-71, 2003-09-25

論文 ) 練習船深江丸の錨泊監視システム, 矢野 吉治,若林 伸和, 日本航海学会論文集第109号, 119-124, 2003-09-25

国際 ) An Application of Navigation Information Display System of Training Ship "Fukae-maru" to Monitor System for Anchoring, Y. Yano,and N. Wakabayashi, 2nd Asia Navigation Conference (Kobe,Japan), 53-58, 2003-09

その他 ) 船の信号と通信, 若林 伸和, 神戸商船大学主催平成15年度公開講座テキスト, 17-50, 2003-08

国際 ) A Basic Study on Navigator's Mental Workload by Wavelet Transform, K. Murai,Y. Hayashi,and N. Wakabayashi, 2003 IEEE Pacific Rim Conference on Communications,Computers and Signal processing (PACRIM '03) (Victoria,Canada), 1016-1019, 2003-08

2002年度

その他・ANC特集 ) 船内LANを用いた航行データ収集転送システムとその離着桟操船支援システムへの応用, 若林 伸和,矢野 吉治, 日本航海学会誌 NAVIGATION,Vol.155, 74-77, 2003-03-25

その他 ) 21世紀の海事社会を考える, 若林 伸和(編集), 日本航海学会シンポジウム, -, 2002-12-03

その他・解説 ) 船舶のIT化の現状と将来, 若林 伸和, 日本航海学会誌 NAVIGATION,Vol.153, 23-31, 2002-09-25

国際 ) An Application of Sailing Data Acquisition and Transfer System to Supporting System for Ship Handling in Harbour −System Development on T.S. Fukae-maru−, N. Wakabayashi,and Y. Yano, 1st Asia Navigation Conference (CIN-JIN-KINPR Joint Symposium 2002) (Shanghai,China), 161-168, 2002-09

2001年度

論文 ) IPネットワークを用いた航海データ収集・転送システムの開発 −練習船深江丸における実装−, 若林 伸和,矢野 吉治,林 祐司,村井 康二, 日本航海学会論文集第106号, 29-37, 2002-03-25

論文 ) ランドマーク・テーブルとコースラインによる水路誌記載情報の獲得, 林 祐司,若林 伸和,村井 康二,河口 信義, 日本航海学会論文集第105号, 111-118, 2001-09-25

論文 ) ランドマーク・テーブルを用いた航路選定支援システム, 林 祐司,若林 伸和,北橋 忠宏, 電気学会論文誌D(産業応用部門誌),Vol.122-D,No.1, 58-65, 2002-01

論文 ) Web化水路誌データベースの見出し語による検索, 若林 伸和,林 祐司, 日本航海学会論文集第105号, 119-126, 2001-09-25

論文 ) ランドマーク・テーブルとコースラインによる水路誌記載情報の獲得, 林 祐司,若林 伸和,村井 康二,河口 信義, 日本航海学会論文集第105号, 111-118, 2001-09

国際 ) Analysis of Heart Rate Variability of Navigator at in/from Ports by Wavelet Transform, K. Murai,Y. Hayashi,and N. Wakabayashi, 2001 IEEE Pacific Rim Conference on Communications,Computers and Signal Processing (Victoria,B.C. Canada), 681-685, 2001-08

国際 ) Retrieval and Small Correction System for Sailing Directions using The Internet, Y. Hayashi,N. Wakabayashi,and K. Murai, 2001 IEEE Pacific Rim Conference on Communications,Computers and Signal Processing (Victoria,B.C. Canada), 95-98, 2001-08

2000年度

発表 ) コースラインの描画による航海情報獲得を指向した航海情報のデータベース化, 林 祐司,若林 伸和,北橋 忠宏, 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 2001(3), 71-78, 2001-01-17

1997年度

その他 ) 船舶の安全運航を支援する静的航海情報データベースの構築(<特集>IAIN '97), 若林 伸和,林 祐司,和気 博嗣,北橋 忠宏, 日本航海学会誌 NAVIGATION (135), 5-6, 1998-03-25

発表 ) 他船実画像からの船体輪郭線抽出と船首方向の判定, 林 祐司,若林 伸和, 情報処理学会全国大会講演論文集 第56回平成10年前期(2), 168-169, 1998-03-17

論文 ) NC加工における配置要素の形状特徴を利用した板取システム, 金井 秀明,若林 伸和,本多 中二,田中 功二, 情報処理学会論文誌,Vol.38,No.11, 2343-2355, 1997-11-15

国際 ) Database System of Static Navigational Information for Ships' Sailing, N. Wakabayashi,Y. Hayashi,H. Wake,and T. Kitahashi, 9th Congress of International Association of Institutes of Navigation (Amsterdam,The Netherlands), -, 1997-11

その他 ) 平成9年度東海・北陸地区国立学校等教室系技術職員合同研修(情報処理コース) : 「パーソナル情報発信技術(1) ネットワークの接続と設定」実習実施報告, 若林 伸和,飯尾 元秀,高木 広伸,中本 順子, 静岡大学工学部 技術報告 3, 71-72, 1997

1996年度

国際 ) Database Concept for Static Navigational Information, Y. Hayashi,N. Wakabayashi,T. Nanri,and H. Wake, Proceedings of the IEEE 1996 Position Location and Navigation Symposium (Atlanta,USA), 96-102, 1994-04

1995年度

論文 ) 航海情報のデータベース化とその検索・表示方法についての研究, 林 祐司,若林 伸和,南里 崇史,和氣 博嗣, 日本航海学会論文集第94号, 249-255, 1996-03

論文 ) 設計の上流工程を考慮した設計・製造プロセス統合支援システム, 金井 秀明,若林 伸和,本多 中二, 情報処理学会論文誌,Vol.36,No.8, 1926-1937, 1995-08

発表 ) 複数の視点から表現した設計部品を用いた設計・製造支援システム, 金井 秀明,若林 伸和,本多 中二, 第5回インテリジェントFAシンポジウム,システム制御情報学会, 151-154, 1995-07

国際 ) A USER-FRIENDLY NAVIGATION INFORMATION RETRIEVAL SYSTEM, Y. Hayashi,N. Wakabayashi,and T. Kitahashi, Navigation & Communication for Maritime & Land Morbile Applications,Space Congress,European Space Report (Bremen,Germany), 71-77, 1995-05

1994年度

その他 ) 実画像を用いた他船真針路測定システム(<特集>IAIN'94), 林 祐司,若林 伸和,北橋 忠宏,和氣 博嗣, 日本航海学会誌 NAVIGATION,Vol.123, 17-22, 1995-03-24

その他 ) 大学院におけるリフレッシュ教育−情報システム学分野における実践と課題−, 藤野 喜一,小林 信一,若林 伸和(編集), 文部省リフレッシュ教育推進経費報告書, 1995-01-31,

国際 ) An Integrated System for Mechanical Design and Manufacturing Process of NC Machining using Object Oriented Methodology, H. Kanai,N. Wakabayashi,and N. Honda, 27th ISATA,Proceedings for Dedicated Conference on Mechatronics (Aachen,Gearmany), 335-342, 1994-11

国際 ) A Supporting System for Searching Nautical Charts with User-friendly Interface, N. Wakabayashi,Y. Hayashi,and H. Wake, TECHNO-OCEAN '94 International Symposium,Proceedings Volume II (Kobe,Japan), 565-570, 1994-10

発表 ) 機能オブジェクトを利用した設計・製造プロセスの上流工程支援システム, 金井 秀明,若林 伸和,本多 中二, 計測自動制御学会合同シンポジウム, 13-20, 1994-10

国際 ) Computation of the True Course of the Target Ship from its Image at Sea, Y. Hayashi,N. Wakabayashi,T. Kitahashi,and H. Wake, 8th Congress of International Association of Institutes of Navigation (Beijin,China), 147-154, 1994-09

国際 ) An Image Ranging System at Sea, Y. Hayashi,N. Wakabayashi,T. Kitahashi,and H. Wake, Proceedings of the IEEE 1994 Position Location and Navigation Symposium, 113-120, 1994-04

1993年度

発表 ) 設計対象モデルを用いた設計支援システムのユーザインタフェースの開発, 川村 武,金井 秀明,若林 伸和,本多 中二, 情報処理学会第48回(平成6年前期)全国大会講演論文集(2), 185-186, 1994-03

発表 ) NC機械工作における部品の形状配置法の提案, 田中 功二,若林 伸和,金井 秀明,本多 中二, 情報処理学会第48回(平成6年前期)全国大会講演論文集(2), 183-184, 1994-03

その他 ) 電気通信大学大学院情報システム学研究科リフレッシュ教育のあゆみ, 藤野 喜一,若林 伸和(編集), 文部省リフレッシュ教育推進経費報告書 1994-01-31

論文 ) 他船実画像からの船舶間相対距離算出に関する研究, 林 祐司,若林 伸和,北橋 忠宏, 電気学会論文誌C(電子・情報.システム部門誌),Vol.113-C,No.12, 1121-1129, 1993.12

発表 ) 設計対象モデルを用いたNC機械工作のための加工プログラム自動生成システム, 金井 秀明,若林 伸和,本多 中二, 第36回自動制御連合講演会, 299-300, 1993.10

論文 ) 他船実画像からの航行情報抽出方法についての研究-III −画像処理専用機と特定線分抽出アルゴリズムを利用した高速化−, 林 祐司,若林 伸和,和氣 博嗣, 日本航海学会論文集第89号, 179-186, 1993-09

発表 ) NC加工における部品の形状配置問題に関する研究, 田中 功二,金井 秀明,若林 伸和, 情報処理学会第11回グラフィックスとCADシンポジウム論文集, 135-142, 1993-09

論文 ) パターン認識の手法を応用したNCパンチプレス加工プログラム自動生成システム, 若林 伸和,北橋 忠宏, 電気学会論文誌D(産業応用部門誌),Vol.113-D,No.6, 778-785, 1993-06

1992年度

発表 ) オブジェクトパラダイムによるNC機械加工のための設計支援システム, 金井 秀明,若林 伸和,本多 中二,御牧 義, 情報処理学会第46回(平成5年前期)全国大会講演論文集(6), 299-300, 1993-03

国際 ) An Application of Silhouette Decomposition to Automatic Generation System for Making NC Programs, N. Wakabayashi,T. Kitahashi,and T. Mimaki, Proceedings of the 1992 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,Volume 2 (Raleigh,NC,USA), 742-749, 1992-07

1991年度

論文 ) 他船実画像からの航行情報抽出方法についての研究-II, 林 祐司,若林 伸和,和氣 博嗣, 日本航海学会論文集第85号, 143-151, 1991-09-25

1990年度

発表 ) 重複したシルエットの分離手法のNC加工プログラム自動生成システムへの応用, 若林 伸和,安部 憲広,北橋 忠宏, 情報処理学会第41回(平成2年後期)全国大会講演論文集(6), 301-302, 1990-09

1989年度

国際 ) A Supporting System for Making NC Programs by way of Knowledge Engineering Approach, N. Wakabayashi,N. Honda,T. Mimaki,and S. Matsumoto, SKILL BASED AUTOMATED PRODUCTION,Selected Papers from the IFAC/IFIP/IMACS Symposium,Edited by P. Kopacek and R. Genser,PERGAMON PRESS (Vienna,Austria), 213-218, 1989-11

発表 ) NC工作機械プログラム作成支援システム, 若林 伸和,御牧 義, 人工知能学会全国大会(第3回)論文集〔II〕, 657-660, 1989-07

1988年度 以前

地域 ) 消防隊自動編成システムの試作, 若林 伸和,浅野 博英,御牧 義, 電気通信大学紀要1巻1号, 51-59, 1988-06

発表 ) 個に応じた学習指導の1方式, 松永 公廣,若林 伸和,藤井 克彦, ヒューマンインターフェイス学会第2回シンポジウム, 449-454, 1986-10

発表 ) 情報処理教育における個別自動出題の実践, 松永 公廣,若林 伸和, 電子通信学会技術研究報告[教育技術]ET86-3, 5-10, 1986-06

発表 ) 教師の手助けをする自動出題プログラムの実践, 松永 公廣,若林 伸和, 日本教育工学会JET86-2, 59-62, 1986-04

地域 ) パソコンを活用した演習支援システム, 松永 公廣,若林 伸和, 明石工業高等専門学校研究紀要第28号, 35-37, 1986-01

発表 ) 疑似体験による学習過程の理解, 松永 公廣,若林 伸和,藤井 克彦, 日本科学教育学会第8回年会論文集, 130-131, 1984-08-25

発表 ) 英単語学習システム「単語帳」, 松永 公廣,若林 伸和,藤井 克彦, 日本科学教育学会第8回年会論文集, 128-129, 1984-08-25

発表 ) 疑似体験による記憶・忘却過程の学習システム, 松永 公廣,若林 伸和,山本 隆朗,藤井 克彦, 電子通信学会技術研究報告[教育技術]ET84-2, 79-84, 1984-06

発表 ) 英単語学習システムの基礎「誤りの定量化」, 松永 公廣,若林 伸和,松井 誠吾,藤井 克彦, 第8回CAI学会研究発表大会論文集, 9-12, 1983-10

発表 ) 到達度評価の実例への適用, 松永 公廣,若林 伸和,松井 誠吾,藤井 克彦, 電子通信学会技術研究報告[教育技術]ET83-4, 49-52, 1983-08


若林研究室 へ戻る

waka @ kobe-u . ac . jp (←キーボードから手入力してください.コピー&ペースト不可)